断片化と繰り返しで造られたフラクタルな表情
の南面ファサード。光と影が生み出すこの表情
は、陽光の動きによって、刻々と変化する。
一日の時刻による変化は、太陽の動き、地球の自転に
よる時間を表す。フロントヤードに施された植栽は、
季節によって刻々と変化する。
地球の自転軸が。公転軸に対し
23.4度傾いていることによって季節の変化
となり、建築・環境の変化は公転による時間を表す。
つまり建築・環境は相対的に、宇宙の天文学的時間を表す。
写真はこの時間の流れの一瞬を捕らえただけで、この光景
は日々を通じて、歳月を通じて、時事刻々と変化し、眺め
ていても、身を置いていても、何時までも飽きること
はない。
→フルサイズ
トップへ戻る持論へ時々近況デイテールへ家具作品へ 作品:1作品:2前のページ次のページ