作品名:
緑道を取り込む家
担当:篠崎好明、太下恭子
構造設計:

クレモナ建築構造研究所
担当:白須正広 

敷地面積:159.50F
    (48.24坪)
延床面積:180.35F
    (54.55坪)
構造,階数:RC造地下1階
       木造地上2階
竣工:2002年 3月
施工:岡田建設
造作家具:
クチーナ横浜
造園:
アルプス造園
掲載誌:
□男の隠れ家002年11月号
□ニューハウス2003年2月号

目隠しとプラントボックス
を兼ねたコンクリートの
ゲート。断片化と繰り返しの
フラクタルな表情により、
コンクリートゲートを軽やか
に見せる。
トップに戻る 持論へ デイテールへ 家具作品へ 作品:1← 作品:2 前のページへ  →次のページへ