作品名:シンフォニーの家
担当:篠崎好明、西村乃子
構造設計:梅沢建築構造研究所
担当:梅沢良三、五十嵐有紀
敷地面積:348.08F(105.29坪)
延床面積:339.37F(102.65坪)
構造,階数:1階RC造、2階S造
竣工:2004年 5月
施工:旭建設(株) 
主任:山越博明 
造作家具:
クチーナ横浜
造園:
アルプス造園
インターネット依頼 第 5号
地盤対策として、1階はコンク
リート壁式構造であるが、不等
沈下を避けるため、2階は軽量な
鉄骨軸組造として、バランスを
とった。1階壁はコンクリー
ト打放、2階壁はサイデイング張
り、屋根は鉄骨アーチ針に耐候性
鋼板縦ハゼ葺きとし、金属ヴォー
ルト屋根とした。構造、仕上げ、
造りとも空間構成要素はいつもよ
り多様である。この多様な構成要
素を一つのハーモニー、アンサン
ブルにまとめ、一軒の家に仕立て
た。まさに多様な楽器編成で奏で
る、交響曲のような家、題して
「シンフォニーの家」である。
トップに戻る 持論へ デイテールへ 家具作品へ  作品:1← 作品:2← 前のページへ  →次のページへ